玉井陸斗の競パン姿・腹筋の筋肉美がやばい!シックスパックの鍛え方とは!?

本ページはプロモーションが含まれています。

スポーツ
本ページはプロモーションが含まれています。

2023年世界水泳が福岡で開催され、注目を集めたのが玉井陸斗さんです。

玉井陸斗さんは、飛込選手としての記録もとても優秀ですが、鍛え上げられえた腹筋が凄すぎると話題になりました。

玉井陸斗さんの肉体美である筋肉、腹筋の鍛え方が気になりますよね!

今回は、玉井陸斗さんの競パン姿の素晴らしい肉体美について、筋肉や腹筋の鍛え方について調べたことをまとめていきます。

Contents

玉井陸斗の競パン姿や筋肉の変化は?

飛込選手競技の玉井陸斗さんは、2006年9月11日生まれで16歳という若さです。

※2023年8月時点

まだ16歳の玉井陸斗選手ですが、競パン姿で見える鍛え上げた筋肉がすごいことになっています。

そんな玉井陸斗さんの筋肉の凄さが分かる画像があります。

素晴らしい腹筋と鍛えられた身体ですよね。

腹筋だけでなく、大胸筋や腕辺りも16歳の身体とは思えないほどであることが分かります。

玉井陸斗さんの筋肉はどのような変化をしてきたのでしょうか。

玉井陸斗さんは、3歳の頃から腹筋が割れ始めました。

そこから、10際の頃には腹筋がシックスパックに割れ、12歳の頃には大胸筋、13歳の頃には腕の筋肉が成長していきました。

また、14歳の頃には全体的にパンプアップし、15歳にはさらにワンランク上の肉体美となり腹筋、大胸筋、腕、肩の筋肉が鍛え上げられていきました。

玉井陸斗さんは、3歳の頃から水泳を始めています。

そんな玉井陸斗選手ですが、3歳からすでに腹筋が割れ始めていたなんて驚きですよね。

そして、成長とともに腹筋がシックスパックに割れています。

小学生の頃には綺麗なシックスパックが出来ているなんで同級生も見とれてしまいそうですね。

12歳の頃には、大胸筋がつき始めたそうです。

12歳の玉井陸斗さんは、全国中学体育大会の飛込種目に出場し優勝しました。

上級生もいる大会の中で、優勝するなんですごいですよね。

また、13歳の頃には腕の筋肉も鍛え上げられてきました。

そこから、14歳~15歳にかけては、全体的に仕上がりが出来てきて東京オリンピックでは見事に出場し、7位という成績を残すことが出来ました。

玉井陸斗の筋肉や腹筋などの筋肉美になる鍛え方は?

玉井陸斗さんと言えば、先ほどからお伝えしている通り筋肉美ですよね。

鍛えられた身体は、腹筋だけでなく胸筋、腕、見事な筋肉美です。

また、玉井陸斗さんの筋肉について時系列でみていきましたが、年々筋肉が鍛え上げられて行っていることが分かりましたよね。

そこで、玉井陸斗さんはどのような方法でここまでの筋肉を鍛えたのかまとめていきます。

玉井陸斗さんの筋肉の鍛え方は、肋木を使用した肋木腹筋トレーニングです。

玉井陸斗さんは、腹筋を鍛えるために幼い頃から肋木腹筋と呼ばれるトレーニングを行っています。

肋木腹筋とは!?

肋木腹筋は、足首に500グラムずつ計一キロの重りを付けた状態で肋木にぶら下がり、20秒間繰り返し、足の頭の上にまで持ち上げるトレーニングです。

玉井陸斗さんは、平気そうな顔で鍛えていますが相当きついのではないでしょうか。

その他にも、玉井陸斗さんは下半身など先全身を鍛えるために、80キロの重りを担いだスクワット、逆立ちしながらうで腕立て伏せのトレーニングメニューを取り入れています。

まとめ

今回は、玉井陸斗さんの筋肉美、筋肉や腹筋の鍛え方について調べたことをまとめていきました。

玉井陸斗さんの筋肉の鍛え方は、肋木を使用した肋木腹筋トレーニングです。

並大抵のトレーニングではなく、やはりレベルの高いトレーニングで努力していることが分かりましたね。

玉井陸斗さんの競パン姿はとても様になりますね。

これからも努力を続けていく、玉井陸斗選手の期待と注目がこれからもっと集まりそうです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました