太宰府天満宮2024梅の見頃時期や開花状況は?混雑状況やお勧めスポット紹介

本ページはプロモーションが含まれています。

エンタメ
本ページはプロモーションが含まれています。

太宰府天満宮は、日本有数の梅の名所としても知られる人気スポットです。

境内には、約200種、約6,000本の白梅・紅梅があり見頃の時期を迎えると多くの人で賑わいます。

2024年の梅の見頃時期や開花状況、混雑や駐車場など気になる情報をご紹介します!

この記事で分かる内容は、

・太宰府天満宮2024梅の見頃時期や開花状況は?

・太宰府天満宮2024梅の混雑状況は?

・太宰府天満宮2024梅のおすすめスポット

春の訪れを感じされる見事な梅を太宰府天満宮でお楽しみください。

Contents

太宰府天満宮2024梅の見頃時期や開花状況は?

2024年の梅の開花時期は、1月下旬から3月上旬にかけて極早咲→早咲→本咲→遅咲→極遅咲と時期をずらして次々に咲き誇ります。

見頃時期は、2月下旬から3月上旬と予想されます。

3月の太宰府天満宮の梅の開花状況はどのくらいなのでしょうか。

昨年、太宰府天満宮の梅の開花状況をご紹介します!

【2024年2月2日時点】

御神木「飛梅」はまだ開花していないようです。

3月頃から見頃を迎え、神苑の梅が七分咲きになります。

太宰府天満宮のシンボルとも言える御神木「飛梅」の見頃時期は3月上旬頃。

約200種、約6,000本の白梅・紅梅が咲き誇る風景は太宰府天満宮ならではの雰囲気を感じさせます。

一重、八重など色々な種類の梅が見事に咲き、境内は芳しい梅の香りに包まれているようですよ!

見頃を迎える時期に太宰府天満宮にぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

太宰府天満宮2024梅の混雑状況は?

太宰府天満宮では、梅の見頃の時期を迎えると多くの人で境内は賑わいます。

梅を見に来られている方の混雑状況も気になりますよね!

現在は、混雑しているという情報はありません。※2024年2月時点

以下は昨年、2023年3月5日時点の混雑状況です。

御神木「飛梅」とっても綺麗に咲き誇っています。

梅の周りには、写真に収めようとする来場者が10人ほどいらっしゃいますね!

コチラは2月25日の様子ですが、梅ヶ枝餅を購入希望のお客様で長蛇の列が続くなど、来場者数も多めでした。

3月に入り、肌寒さも感じなくなってきた穏やかな日が続いていました。

梅の見頃時期となった現在は、混雑するものと思って境内を散策すると良いかもしれませんね!

混雑状況をご参考にしてみてください。

梅の見頃を迎える3月時期、太宰府天満宮は混雑傾向にあるようです!

太宰府天満宮2024梅のおすすめスポット

太宰府天満宮の境内には、約200種、約6,000本の白梅・紅梅が点在していますが、中でもオススメなのが、樹齢1000年以上といわれる「飛梅」です。

飛梅は、太宰府天満宮の御本殿に向かって右側にあります。

木の柵で囲われ「飛梅」という札もありますので、すぐにわかります。

太宰府天満宮へ参拝をする際には、樹齢1000年以上といわれる「飛梅」もご覧くださいね!

お土産には梅ヶ枝餅が人気でおススメです。

太宰府天満宮に訪れる際はぜひ食べてみてください!

まとめ

今回は、「太宰府天満宮2024梅の見頃時期や開花状況は?混雑状況やお勧めスポット紹介」と題しまして、ご紹介しました。

学問の神様としても有名な太宰府天満宮は、梅の名所としても知られる人気スポットです。

2024年の梅の開花時期は、1月下旬から3月上旬

見頃時期は、2月下旬から3月上旬と予想されます。

時期をずらして次々に咲き誇りる梅の風景は、太宰府天満宮でしか見られない格別なものです。

ぜひ、ぽかぽか陽気の過ごしやすい日に散策してみてはいかがでしょう!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました