足立花火大会2024の混雑状況はどのくらい?時間帯別に調査まとめ

本ページはプロモーションが含まれています。

花火大会
本ページはプロモーションが含まれています。

荒川河川敷を舞台に色とりどりの豪華な花火が楽しめる「足立花火大会2024」

1時間で約1万5000発の花火が打ち上げられる足立花火大会は、ナイアガラをはじめとした大迫力の花火が鑑賞できるとあって多くの人で賑わいます。

足立花火大会2024は、例年以上の観客動員数となる予想です。

気になる混雑状況を時間帯別にご紹介していきたいと思います!

Contents

足立花火大会2024の混雑状況

コロナウィルス感染拡大防止対策などで近年中止となっていた「足立花火大会」ですが、2023年は4年ぶりの開催とあって、多くの人が来場されていました。

新型コロナウイルスの影響で中止されていた花火大会が今年の夏、4年ぶりに各地で復活します。東京都内で開催される大規模花火大会の先陣を切り、7月22日土曜日に行われるのが「足立の花火」。過去最多の70万人以上が集まる見込みです。

引用先:日テレNEWS

2024年度も多くの人出が見込まれる「足立花火大会」

気になる時間帯別の混雑状況についてまとめました。

※「足立花火大会2024」は現在開催前ですので、昨年の様子をUPしておきますので混雑状況の参考にしてみてくださいね!

混雑状況:14:00

14:00時点での混雑状況をご紹介します。

4年ぶりの開催とあって、場所取りする人の数も例年以上でした。

すでに荒川河川敷付近の無料観覧席では、ブルーシートで一杯!

足立花火大会に期待している様子が覗えますね!

混雑状況:16:00

16:00時点での混雑状況をご紹介します。

今年も多くの観客が来場すると予想されますので、遅くとも16時頃には場所取りに向かうのがいいでしょう。

17:30頃には来場客の数もだいぶ増え始めました。

混雑状況:18:00

18:00時点での混雑状況をご紹介します。

会場付近の駅では、足立花火大会に参加する来場客で混雑し始めました。

混雑状況:20:00

20:00時点での混雑状況をご紹介します。

花火の打ち上げ時間が近づき、来場者の数もドンドン増加傾向にあります!

混雑状況:22:00

22:00時点での混雑状況をご紹介します。

4年ぶりの開催となった足立花火大会2023終了後は、北千住駅まで長蛇の列が続き、大混雑状態でした。

花火大会が行われた会場から駅までの道のりでは、約1時間かかる大渋滞となりました。

まとめ

今回は、「足立花火大会2024の混雑状況はどのくらい?時間帯別に調査まとめ」と題しまして、ご紹介しました。

例年以上の混雑が予想される足立花火大会2024!

今回は、混雑状況を時間帯別に調査しました。

夜空を彩る花火大会の参考にどうぞお役立てください!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました